CTIのオートコールとは?機能や活用方法についてご紹介

CTIシステム

CTIシステムには、顧客リストの相手先に次々と電話をかけられる「オートダイヤリング(オートコール)」という機能があります。
一斉架電が可能なので、アンケートや営業などさまざまな場面で活用ができそうだと思いませんか。
今回は、CTIシステムのオートコールについて、機能や活用方法、メリットやデメリットをご紹介しますので、ご参考にしてください。

CTIのオートコールとは

ここでは、CTIシステムのオートコールについて、機能などを詳しく解説します。

CTIのオートコールの機能

CTIのオートコールとは、指定した日時、指定した相手に自動的に電話をかける自動応答システムです。
事前に架電対象の電話番号・発信日時・案内文をCTIのオートコールに設定しておけば、コンピューター制御により指定日時に指定の相手に一斉コールします。
電話がつながると、IVR(自動音声応答機能)に接続し、あらかじめ用意した自動音声メッセージが流れるようになっています。
自動音声メッセージに従ってお客様がメニューを選ぶなどの機能もあり、アンケート調査の実施なども可能です。

CTIのオートコールの仕組み

電話に出た後、音声メッセージを聞いてアンケートなどに回答するか、電話を切るか、営業の案内に従い、興味のあるお客様が電話をかけ直すかなど、その後のアクションは、すべてお客様に主導権を握っている仕組みです。
ちなみに、不在だった相手に時間を空けて再発信する設定もできます。
最後に、コール結果を集計して、データベースを作成することも可能です。

CTIのオートコールの活用方法

CTIのオートコールには、以下のような活用方法があります。

アンケートの実施

CTIのオートコールを活用すれば、アンケートを実施することができます。
電話がつながったらアンケートの自動音声ガイダンスが流れるように設定し、架電相手に電話の数字などを押してもらうことによりアンケートに回答してもらう仕組みです。
意識調査や認知度調査、実態調査など不特定多数やエリアごとの各種調査に向いています。

営業の案内

CTIのオートコールを活用すれば、営業の案内をすることができます。
架電相手が電話に出たら営業の自動音声ガイダンスが流れるように設定して、「ご興味ある方は以下の電話番号までご連絡をお願いします。」と電話をかけてもらうように案内することも可能です。
見込み客の発掘や購買意欲の促進などさまざまな営業の案内に使用できます。

選挙運動

CTIのオートコールを活用すれば、選挙運動を実施することができます。
短時間で膨大な人数の相手に架電することができるので、自動音声ガイダンスによる選挙運動も可能です。

イベントなどの集客

CTIのオートコールを活用すれば、イベントなどの集客をすることができます。
架電相手にイベント案内の自動音声ガイダンスを流れるように設定することで一斉に多くの人にイベントを告知することが可能です。

支払い督促業務

CTIのオートコールを活用すれば、支払い督促業務をすることができます。
指定した架電相手に支払い督促の自動音声ガイダンスを聞かせることで、オペレーターでは督促相手に話しづらい内容でも伝えることが可能です。
自動音声ガイダンスによる督促なので、相手は言い訳することもできず、伝えたい内容を淡々と告知することができます。

CTIのオートコールのメリット・デメリット

ここでは、CTIのオートコールのメリット・デメリットに関してご紹介します。

CTIのオートコールのメリット

CTIのオートコールには、以下のメリットがあります。

  • 通話料も安く人件費もかからず運用コスト削減
  • 短時間一斉配信なので業務効率アップ
  • 電話を受ける・かけ直すなどの決定権は顧客サイド
  • 架電結果や発信状況の出力ができデータベース作成も可能
  • CTIとIVRの併用で顧客選別も可能
  • 支払い督促など人間では言いづらいことでも伝言できるのでオペレーターのストレスが削減

CTIのオートコールのデメリット

CTIのオートコールには、以下のデメリットがあります。

  • 自動音声で顧客との会話ができずクロージングには不向き
  • 用意した自動音声だけなので提案型営業には不向き
  • 顧客ニーズを満たす柔軟な対応には不向き
  • 固定電話にしか架電できない
  • 自動音声が苦手な人には効果が薄い

まとめ:メリット・デメリットを理解してCTIのオートコールを活用しよう

CTIシステムのオートコールについて、機能や活用方法、メリットやデメリットをご紹介しました。
CTIのオートコールは、活用方法は豊富ですが、メリットも多い反面、デメリットもあります。
メリット・デメリットを理解した上でCTIのオートコールを活用することをおすすめします。

株式会社シナジーではクラウド型のCTIシステムMostableをご提供しています。高機能なシステムを低価格で導入したいとお考えの企業様はぜひお問い合わせください。

CTIシステムの資料請求・お問い合わせはこちら