CTIシステムをインサイドセールスに活用するメリット


現在、「インサイドセールス」という営業スタイルが注目を浴びています。インサイドセールスは、CTIシステムを活用するとより良い効果を得ることができます。今回は、CTIシステムをインサイドセールスに活用するメリットをご紹介していきます。

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、ひとつの営業方法です。インサイド=内勤・オフィスから出ないことを表しており、電話やEメールを用いて顧客への営業を行います。直接訪問することなく、商談を行うので新しい営業方法として注目を浴びています。そんなインサイドセールスの特徴をご紹介していきましょう。

商談数と商談精度を上げることができる

インサイドセールスは、訪問せずとも電話やEメールなどを用いて商談できるので、短時間で営業を行うことができます。従来の訪問営業では、移動時間や相手の都合を考慮しなければなりませんでしたが、インサイドセールスはそれらの削減を見込めます。そのことから効率的な運用が可能となり、商談数を伸ばすことができます。また、顧客ごとに効果的なアプローチを行えるので、商談精度も上げることができるでしょう。

数値管理が簡単にできる

従来は、各営業マンがそれぞれ頑張り成果を出す、と考えられてきましたが、近年チーム全体で協力して成果を上げることが重要視されています。そのためには、営業数値管理をする必要があります。成果を可視化することで、どのようなアプローチが良いか、改善点などの把握につながっていきます。

インサイドセールスであれば、常にログが蓄積されていくので、営業数値管理を簡単に行うことができます。過去にどのようなやりとりをしたのか、チーム全体で共有可能です。

インサイドセールスを実現するツール


インサイドセールスを実現するには、ツールを活用することが大切です。どのようなインサイドセールスツールがあるのかご紹介します。

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)は、マーケティング活動を自動化・可視化するツールです。あらゆる企業からMAは提供され、さまざまな機能を保有しています。代表的な機能は、見込み顧客の情報を一元管理できるリード管理・見込み顧客の行動をスコアで可視化するスコアリング機能・見込み顧客の情報を基にメールを配信するメールマーケティング機能などが備わっています。

Web会議システム

近年の働き方改革からWeb会議を行う企業が増加しています。Web会議システムは、インターネットを介して行われる会議のシステムです。インターネット環境さえあればどこにいてもできるので、低コストで会議が可能です。そんなWeb会議を行うシステムには、画面を通しての通話だけでなく、チャット機能や画面共有機能が備わっています。また、必要な書類や資料を簡単に転送可能です。

CTIシステム

コンピュータと電話を連携できるのがCTIシステムです。自動的に管理された顧客情報を一瞬で表示させることができ、入電・架電時にスムーズに対応することができます。顧客に適切なサービスを提供することが可能なので、顧客満足度向上につながります。

CTIシステムをインサイドセールスに活用するメリット


インサイドセールスツールにはさまざまなものがありますが、特にCTIシステムがインサイドセールスにおいてメリットがあると考えられています。CTIシステムを活用するメリットには何があるのか具体的に解説していきましょう。

通話録音機能で確認・分析・トラブル回避

CTIシステムには、顧客との通話を録音できる機能が付いています。従来の電話の場合、何を伝えたか、どのようなやりとりをしたか確認を取ることができませんでした。しかし、通話録音機能により、内容確認・分析・トラブル回避に役立ちます。そして、熟練のオペレーターの通話をマニュアル化する際にも活用することができます。

自動集計機能で数値を可視化

CTIシステムには、自動で発信件数や顧客見込み数、稼働率などをリアルタイムで確認できる自動集計機能が備わっています。情報を数値で可視化することにより、確認・分析に役立てることができます。

アンケートシステムでコスト削減

自動的に、潜在見込み客を探し、架電するシステムです。オペレーターに分配する前に、事前に音声アナウンスが自動的に発信するので、人員・時間削減につながります。

まとめ:CTIシステムをインサイドセールスに活用しよう

今後、インサイドセールスはより注目され、当たり前の営業スタイルとなっていくでしょう。インサイドセールスを効率的に行っていくためには、ツール選択が重要となります。

今回お伝えしたCTIシステムは、多くのメリットがあります。CTIシステムには、インターネットさえあれば利用できるクラウド型CTIシステムが存在します。クラウド型であれば、時間や場所に囚われることなく、インサイドセールスを行うことができます。近年増加している在宅勤務でも採用されています。CTIシステムをうまく活用し、インサイドセールスで成果を上げていきましょう。

株式会社シナジーでは、クラウド型CTIシステムMostableをご提供しています。リアルタイムで連携することができ、簡単に情報を管理することができます。ぜひご検討してみてください。

CTIシステムの資料請求・お問い合わせはこちら