クラウド型CTIシステムのセキュリティ対策で確認したいポイント

クラウド型CTIシステムのセキュリティ対策

CTIシステムを導入することで、コールセンターの業務効率を高めることができます。最近では、いわゆる「クラウド型」のCTIシステムが登場して高い利便性を発揮していますが、クラウド型ゆえに「セキュリティ」には細心の注意が必要です。
そこで今回は、クラウド型CTIシステムのセキュリティ面で確認しておくべきポイントについて解説します。

クラウド型とは?

昨今、さまざまな業務用システムにおいて「クラウド型」と呼ばれている形式のツールが数多くの登場していますが、これはインターネットを介して利用するツール・サービスのことです。
従来は、社内にシステムを導入するにあたっては社内にサーバーを設置して、それを機器と接続することでシステムを使用するという形式でした。サーバーの設置費用や手間の点においてデメリットがありましたが、それを解消する方法として注目されているのがクラウド型システムなのです。
クラウド型システムでは、システム用のサーバーは社外にあり、インターネットを介してサーバーにアクセスしてシステムを利用します。社内にサーバーを設置する必要がないため初期費用が安く、導入完了までにかかる手間も最小限に抑えられる点がメリットです。また、社外からでもインターネットを利用できれば、アクセス権があればどこからでもシステムを利用できる点も、クラウド型システムのメリットとなります。

クラウド型CTIシステムのセキュリティ

このように、クラウド型システムにはさまざまなメリットがありますが、一方で「インターネットを介して利用する」という都合上、どうしてもセキュリティ面で不安が残ります。
CTIシステムの場合、オペレーター業務に必要な顧客情報や、社内の機密情報などをシステムに登録して利用することになります。これをインターネットを介してやりとりすることになるため、不正アクセス等で社外に重要な情報を漏えいしてしまうリスクがあるのです。
もちろん、ベンダー側は自社の信用を守るために、高度なセキュリティを用意して情報漏洩のリスクを抑えようとしています。しかし、ベンダーやシステムごとにセキュリティレベルは異なるため、セキュリティの甘いクラウド型CTIシステムを契約してしまうと情報漏えいのリスクが高まるのです。

クラウド型CTIシステムを安全に利用するために確認するべきポイント

一口にクラウド型CTIシステムといっても、さまざまなシステムが選択肢に挙がるでしょう。情報漏えいのリスクを少しでも抑えるためには、システムのセキュリティについて以下のポイントを中心にチェックしておくことをおすすめします。

アクセス権の付与と制限の機能

1つ目は「アクセス権」に関する機能です。
重要情報を扱うため、システムを利用して重要情報に触れる人は最小限に抑えるべきです。クラウド型CTIシステムの中には、IPアドレスによってアクセス権を制限できたり、規定階数ログインに失敗したらロックがかかるようにできる機能が搭載されているものがあります。

データの暗号化

2つ目は「データの暗号化」です。
オンライン上に保存されているデータを不正アクセス等によって奪われてしまったら、大きな損害や信用を失うことになるでしょう。しかし、保存しているデータを暗号化しておけば、仮に情報漏えいしても情報を読み取られる確率が大幅に減少します。

アクセスログの保存

3つ目は「アクセスログの保存」です。
システムの使用履歴は、アクセスログによって保存されており、万が一セキュリティ上のリスクが発生した際にはアクセスログの情報が役に立ちます。この保存期間はシステムごとに異なるため、可能な限り長期間保存できるシステム・プランであることが望ましいです。

ウイルス対策

4つ目は「ウイルス対策」です。
ウイルス対策ソフト・サービスやファイアウォールの搭載は、クラウド型システムを運用するにあたっては最低限の装備です。システムによっては、より高度なウイルス対策をオプション等で利用できるケースもあるため、許容するセキュリティレベルを考慮しながらプランを選択することが重要になります。

PCI DSS対応

5つ目は「PCI DSS対応」
PCI DSS対応とは、クレジットカード業界におけるセキュリティ基準のことです。これを満たしているということは、コールセンター業務に関わるクレジットカード情報が安全に利用されていることを示す証拠となります。自社で対応する場合は相応の費用と手間をかけることになるため、PCI DSS対応のCTIシステムを導入したほうが手っ取り早いです。

まとめ:クラウド型CTIシステムはセキュリティを重視して選ぼう

オンライン上で重要情報をやりとりするクラウド型CTIシステムは、情報漏えい等のリスクを抑えるために高度なセキュリティ機能を確保しているシステムを選ぶべきです。もちろん、費用面やその他の機能面でも重視するべきポイントは多いため、セキュリティをチェックししつつ総合的に利便性の高いCTIシステムを導入してください。

クラウド型アウトバウンドCTIシステムMostable(モスタブル)は使いやすくセキュリティについても安心して使用いただけるシステムです。システムの詳細について知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

クラウド型アウトバウンドCTIシステム Mostable(モスタブル)はこちら